ごん太、怪獣に負ける(笑)

『ウルトラセブン』の音楽などで知られる作曲家の冬木透さんが、
160名以上のオーケストラを相手に自ら指揮棒を振るったコンサート
「冬木透CONDUCTSウルトラセブン」のDVDが発売になりました。
ライブCDを聴いて以来、ぜひとも演奏風景を見たいと思っていたので、
さっそくGETして、じっくり堪能することにw。

2009年3月13日の東京オペラシティコンサートホール。
ウルトラセブンが冬木さんを招じ入れるオープニングから始まり、
(その後、楽器の間をそそくさと退場するセブンがシュール…w)
「交響曲ウルトラコスモ」「交響詩ウルトラセブン」などの名曲が、
東京交響楽団の手によって、パワフルに演奏されました。

以前、妹からのつてで、
あるオーケストラのコンサートの司会を務めさせていただいたとき、
そこで演奏された「バック・トゥ・ザ・フューチャーのテーマ」を聴いて
その迫力に鳥肌が立つ思いをしたことがあるのですが、
今回もまた、オーケストラのパワーに圧倒されました。
本編を見ていた頃は、そう音楽を気にはしていなかったはずなのに、
今回改めて聴いて、それらの音楽がいかに作品を盛りたて、
また僕らの記憶にしっかりと残っているかに気づいて、
涙が出そうなほど感激しました。相手はウルトラセブンですが(笑)。
CD版もよかったですけど、やはり映像つきの方が上でしたね!

そんな風に僕が感激しているころ。
そばにいたごん太くんは、何だか落ち着かずうろうろしていました。
彼は、弦楽器や打楽器の音が苦手で、ちょっと怖がっていたのです。
そして、「交響詩ウルトラセブン」の第2楽章「怪獣出現」で、
ティンパニが「どだだだ~ん!」と重厚な音を響かせたとき、
ついにガマンできなくなって、僕のひざに飛び乗ってきました。
脚はがくがく、身体はぶるぶる…仕方なく、DVDの再生は一時中断。
いい年して、怪獣の出る音ごときに負けてちゃいかんなぁごん太くん(^^;。

怖がらせるのはかわいそうなので、続きは別の部屋で見ます(笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい