大河にハッピーは似合わない?

お休み。今日は夕方からの用事だけだったので、
午前中に日曜日のレッスンの準備をして、午後は映画を見て~と
計画していたのですが、テキストの準備に予想以上に手間取ってしまい、
ちょうどいい上映時間に間に合わなくなってしまいました(--;。

仕方ないので映画はまたの機会にするとして、
ここのところ日曜に出かけることが多かったせいでたまっていた
『龍馬伝』をまとめて見ることにしました。
現時点で3週分たまってますし、次の日曜もレッスンで見られません。
経験上、3~4週分が見なくなるまでのリミットですからね~。

…というわけで、出かけるまでに2週分を消化したんですけど、
中盤以降の大河ドラマって、まとめて見ると気が重くなりますね(^^;。

今回の主人公の坂本龍馬が最終的に暗殺されてしまうのは周知の通り。
また『龍馬伝』に限らず、大河ドラマに取り上げられるような史実は、
主人公が苦労の果てに悲劇的な結末を迎えるものがほとんど。
数年前の『新選組!』も、中盤以降どんどん仲間が死ぬばかりの展開に
ちょっと心が折れちゃって見なくなってしまったんでしたっけ…。
三谷さん好きなので、その後DVD-BOXは買ったんですけど(笑)。

思えば、ハッピーエンドで大団円な大河というのを見たことがないような気が。
件の『新選組!』のように、明るめの空気を持った作品はありましたが、
基本的には大河ドラマって悲劇的な方へと突き進んでいきますよね。
歴史的な成功者の話は大河ドラマになりにくいのでしょうか(^^;。

まあ確かに、「最終的に潰えていく儚さ」がいいのかも知れませんけど、
たまには大盛り上がりで終わる大河ドラマも見たいなぁと思いますw。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0