『図書館戦争 革命のつばさ』

いただいていたお仕事の仮押さえがキャンセルになり、
お休みになったので、ふらっと映画を見に行くことにしました。

何となく気分はアニメーション。
今なら話題作は何と言っても細田守監督の『おおかみこどもの雨と雪』、
もしくは杉井ギサブロー監督の『グスコーブドリの伝記』でしょうが、
ここは終映が間近にせまった『図書館戦争 革命のつばさ』をチョイス。
『阪急電車』などで有名な有川浩さんの小説の映画化作品ですw。

原作は、シリーズ本伝としては完結編にあたる『図書館革命』。
作品世界の状況はすでにできあがっていますし、
キャラクターたちの関係もまとめに入る段階の作品なので、
この作品で初めて『図書館戦争』に触れる方には
ちょっと掴みづらかったり思い入れしにくかったりするかも知れません。
丁寧に&さりげなく状況説明を挟んだ構成になっているので、
思っていたよりはそのあたりのハードルは低かったですが、
この作品までの経緯がわかっている方向きに織り込まれた
場面や演出もやはりあるので、知っていた方がより楽しめると思います。

イメージとしては、「直球勝負の映画化」!
骨組みの太さとぐだぐだなラブコメという有川作品の持ち味がしっかり活きた
とてもまっとうな映像化で、原作の完成度の高さを改めて実感しました。

それだけに、映画化の上でのオリジナル要素は明暗分かれた感じですねー。
今回の物語の中心人物である当麻蔵人が日和見的なスタンスに変更され、
彼自身が成長する物語になっているのはいい感じだと思いますが、
堂上に想いを寄せる新キャラクターやドタバタにすら見える銃撃戦は
わざわざ盛り上げどころを作ったように感じられて、やや蛇足感がありました。
あと、現実的な物語だけに、CGアニメのヌルヌルした動きはやはりどうも…。

個人的に残念だったのは、当麻蔵人役へのイッセー尾形さんの起用。
周囲が基本的に「今の声優さん」によるキャスティングなので、
あまりにもお芝居の質が違いすぎ、浮いて聞こえてしまいました。
声優さんたちの、日常シーンでも何だか気張ってるアニメ演技と、
イッセーさんの演技の「気張りの方向性」の違いにすごく違和感があって。
どちらにとってもあまり利点の感じられない配役だったように思います。
ああ、何だかもったいないなぁ…(´・ω・`)。

とはいえ、全体的にはとても丁寧な作りで、楽しめました♪
クライマックスに見慣れた風景が大量に出てきたのも嬉しかったですw。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0