「鉄人」グラウンドを去る

阪神の金本知憲選手が、今季限りでの引退を決意したとの報道があり、
今日、その話題がツイッター上を駆けめぐりました。

広島、そして阪神で21年にわたって活躍。
その間に1492試合連続フルイニング出場の世界記録、
1002打席連続無併殺打の日本記録などの記録を残し、
また、2度のリーグ優勝をはじめ、阪神に大きく貢献してくれた「鉄人」が、
ついにそのユニフォームを脱ぐことを決意したのです。

その引退発表会見で特に印象深かったのは「悔い」についての話でした。
「若い時にもっとバットを振っておけばとか、もっと練習していればとか」
業種はまったく違いますが、何とも身につまされる話で…。
大きな業績を成し遂げてきた方でもそんな風に感じるのですから、
まだ現役であり、この先もあるはずの僕など、なおさら磨いていかなくては。
(この際、レベルや業績がどうこうは考えないでいいでしょう?)

ここ何年かは故障や不調に泣かされ、結果も思わしくなかった金本選手。
期待が外れると辛辣な阪神ファン相手に、思うところもあったでしょう。
僕らでいえば「声も滑舌も衰えてるし目新しさもないし、もう若手使えや!」
…とか言われてるようなものだもんなぁ…。
思えば、そんな中で不快さを見せるでもなく、試合でいい結果を出すために
黙々と鍛錬に打ち込んでいた金本選手は、やはりすごい人だったと思います。

そして金本選手は今日も試合に出場。
ベンチスタートながら、勝ちのかかった9回裏に代打として登場しました。
結果は、いい当たりながらヤクルト比屋根選手の好守に阻まれセンターフライ。
大ベテランのヒット性の好打をルーキーがファインプレイで阻止するという、
奇しくも、世代交代を象徴するような打席になりました(´・ω・`)。

引退は、いつかは必ず来るもの。でも、いざ本当に迎えると寂しいです。
何だかんだ言っても、阪神に来てくれたからよかったこと多かったです。
金本選手、お疲れさまでした。最後まで応援しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0