小6時代の高揚が甦る!

声塾の授業と『どっキング48』の収録を終えて~帰宅。はーやれやれ。
ビールのお供に、先日届いた「YAMATO SOUND ALMNAC」の一枚
『さらば宇宙戦艦ヤマト 音楽集』をプレイヤーに投入しました。

僕が小学6年生の時に初めて買ってもらったアニメのLPレコードを、
30数年経った今、高音質のBlu-specCDで…。
一番聴き込んでるアルバムだからと、一番後回しにしてたんですが、

いやー、もうテンションが上がる上がる!(@@)

「白色彗星」の圧迫感が、
(あの頃の僕らには、パイプオルガンはバッハではなく白色彗星でした)
「アンドロメダ」の軽快ながらも勇壮なメロディが、
当時、小学生にしてしびれた「英雄の丘」の哀愁が、
「デスラー襲撃」の緊迫感が…。

そして『さらば宇宙戦艦ヤマト』といえばテレサ。
星空に浮かび上がる裸身の美女は小6男子には気恥ずかしかったなぁ。
でも、『ヤマト2』に登場した着衣のテレサは「何か違う」と思ったっけ(笑)。

そんなことを、テンションにまかせてFacebookに書き連ねていたら、
ちょうどその書き込みを見つけたお仕事先の方が乗っかってくださって、
チャット並みのコメントの応酬が一時間近くも展開されました(^^;。
まさか、たった一枚のアルバムでこれほど盛り上がるとは。
やはり、あの頃の『ヤマト』は凄いパワーのカタマリでしたし、
当時そのパワーに触れた人々もそれだけ多かったということなんでしょうね。

思えば…あの頃は夢がありました。
でも考えてみれば、実は今の方が当時の夢によほど近いところにいるはず。
がんばらなくっちゃなぁと思った、初秋の夜でしたw。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0