ミクで甦るYMO

CDショップをぶらついていて、とあるアルバムに目が留まりました。
HMO…『HATSUNE MIKU ORCHESTRA』!?
巷を席巻している音声合成ボーカル・ソフト「初音ミク」を使用し、
かのYMOの名曲の数々をカバーしたアルバム…。
ボーカロイドの方々にはあまり興味なかったんですけど、
この組み合わせにはすごく興味を覚えて、思わずレジに連れてってしまいました。

…これはなかなか!

YMOの楽曲と妙に親和性がよくて、へええという感じです。
(これはもちろん、アレンジした方のセンスと技術のすごさなのでしょうが)

YMO時代には「異質なもの」だった「人間の声の電子加工」が、
初音ミクで聴くと「そもそもこういうもの」という感覚になっていて面白いです。
帯に書かれている「20世紀に想像した、21世紀の声がここにある。」
というキャッチコピーは、まったくもって的を射ていると思います。なるほどなぁ。

その一方で、2ndアルバム『増殖気味 X≒MULTIPLIES』では、
「普通にしゃべっている人間の声に違和感がある」という逆転現象も。
このアルバムは、YMOの『増殖』をモチーフに、
曲間にコントを収録するオリジナル・コンセプトも完全再現した作品。
コント部分は初音ミクの「音源」である声優さんが演じられ、
その音声にも加工が加えられているので、違和感はなさそうなものなのに…。

元ネタアルバム『増殖』ではスネークマンショーの皆さんですから、
演技の質や声質の幅もあるのでしょうが、
「元は人間の声だったものを電子加工したもの」と
「そもそも電子加工された声を材料に組み上げたもの」という
スタート地点の違うものが「同じもの」として同居していること、
そしてその微妙な違いを、「違和感」として感じてしまうのかなぁと思います。
面白いものですねー。

とはいえ、完成度も高く聴いていて楽しいのは確かですし、
そしてまた、この手のカバーやアレンジ作品の常ではありますが、
元曲の持っているパワーの大きさにも、改めて感嘆します。
何度も美味しい感じのするHMO、第3弾にも期待ですw。



Hatsune Miku Orchestra
JOINT RECORDS / Third-Ear
HMOとかの中の人。(PAw Lab.)

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Hatsune Miku Orchestra の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

増殖気味 X≒MULTIPLIES(初回生産限定盤)(DVD付)
U/M/A/A Inc.
HMOとかの中の人。(PAw Laboratory.)

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 増殖気味 X≒MULTIPLIES(初回生産限定盤)(DVD付) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0