ちょっと地味めのPart.2

『宇宙戦艦ヤマト2199』サウンドトラック盤Part.2が届きました~。
テレビ放映も始まり、イベント上映もいよいよ佳境。
そんな中でひと月の延期を経て発売されたサントラ第2弾。
ちょうど先週『第六章』を見たばかりということもあり、
発売されプレイヤーに入れてみるのを心待ちにしていましたw。

旧シリーズから引き継がれた名曲たちと、
新シリーズのために新たに作られた曲が同居する『2199』の音楽。
サントラPart.1には、旧シリーズからの曲が主に収録されていましたが、
今回発売されたPart.2には、オリジナルの展開も多くなってきた
ストーリーに沿う格好で、新曲や新アレンジの曲が中心になっています。
また、劇中でアタックに使われるコード曲やブリッジ曲も多数。
さらに、同じ曲のアレンジ違いで何曲か収録されているものも…。
そのせいもあり、インデックスに並んだ曲名を見ても、
アルバムとして聴いてみても、ちょっと地味め…?という印象かな(^^;。
コレクターズアイテムとしてはクオリティ高いと思うんですけどね。

とはいえ、曲そのものは聴き応えのあるものもたくさんあります。
敵側の曲が印象深い旧シリーズからの特徴はやはり健在で、
ガミラス国歌を主題にした「ガミラス次元潜航艇」などは、
収録されている2バージョンそれぞれに勇壮でカッコいいです。
また、「魔女はささやく」で使われたテーマ曲も
異色なエピソードだった本編の不安感が思い起こされますw。

でも、やはり一番のインパクトは「白色彗星(Disco)」ですね!
まさかのガトランティス登場、まさかのディスコアレンジ版使用に加え、
まさかの新録で収録されるとは! この曲はもう驚きの連続でした。

『第六章』では「あの曲」も使われていましたし、
クライマックスに向けて、音楽方面でもいろいろ期待が高まる『2199』。
Part.3の発売がアナウンスされているサントラが、もう今から楽しみです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0