訃報・永井一郎さん

お仕事を終えて帰宅したところで、友人のFacebookのつぶやきで
永井一郎さんの訃報を知りました。
お仕事で訪れられていた広島での急逝であったようです。

もう数え切れないくらいのなじみあるキャラクターボイスはもちろんのこと、
永井さんの著書『永井一郎の「朗読のヒント」』『朗読のススメ』には
何度も考えさせられ導かれてきましたから、ショックが大きかったです。

それからまた映像ソフトの棚をあさって、
永井さんゆかりの作品をいくつも引っぱり出してきてはながめました。
(最近こういうことの頻度がすごく上がってますね…哀しいです)

『うる星やつら』で錯乱坊、
『名探偵ホームズ』で双子のライサンダー大佐とライサンダー司令官、
『パタリロ!』で警察長官、
『宇宙戦艦ヤマト』で佐渡先生と徳川機関長、
『幻魔大戦』でザンビ、
『坊っちゃん』で校長、
『吸血鬼ハンターD』で左手、
『悪魔くん』でファウスト博士、
『ど根性ガエル』で町田先生…。

わが家にある作品だけでも、ありとあらゆるところに永井さんの声。
改めて存在の大きさを実感しました。ほんとに得がたい個性だったなぁ…。

『機動戦士ガンダム』では、ナレーションだけではなく
メインからサブまで大量のキャラクターの声を担当されていて、
「毎回どこかに永井一郎」という印象を受けたのを思い出します。

そして『ガンダム』で同様にいろんなサブキャラクターを演じられた
戸谷公次さんや塩沢兼人さんももう故人。
先に挙げたような作品のどれを見ても、
鬼籍に入られた方の声がたくさんで、またさらに涙です(´;ω;`)。

直接お目にかかることはついにかないませんでしたが、
キャラクターとして、演じ手として、たくさんのものをいただきました。
ありがとうございました。どうぞ安らかにおやすみください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0