大先達がまたおひとり(泣)

お仕事からの帰り、ふとツイッターをのぞいたら、
タイムラインに大塚周夫さんの訃報が流れていて驚きました。
その段階では「ソースが見つからない」というツイートも多かったので、
どうか誤報であってほしいと祈りましたが、それも虚しく、
しばらく経って、青二プロダクションさんから正式に発表されてしまいました。

大塚さんといえば、洋画でのチャールズ・ブロンソンの吹替が有名ですが、
僕的にはやはりアニメーションのイメージが強いです。
独特のお声と確かな演技で、個性的なキャラクターを
数え切れないほど世に出された方でした。
イヤらしくも人間味ある敵キャラクターを演じられているときが大好きでした。

もう哀しくて、帰宅してから思わずDVDラックを漁りまくりました。

『ルパン三世』で、ルパン(山田康雄さん)と肩を組んで笑う五右衛門。
『ガンバの冒険』で、ガンバたちの前に不気味に立ちはだかるノロイ。
『宇宙戦艦ヤマト2』で、土方艦長(木村幌さん)の地球艦隊と対決するバルゼー。
『名探偵ホームズ』で、広川太一郎ホームズにライバル心を燃やすモリアーティ。
『クラッシャージョウ』のビッグ・マーフィーは、小柄ながらその凄みで
幹部たち(曽我部和恭さん・郷里大輔さん・弥永和子さん・渡部猛さん)を圧倒。
『北斗の拳』(劇場版)では、伝承者の座を巡ってケンシロウを襲うジャギ。
『ONE PIECE』のゴール・D・ロジャーの、OPだけの登場なのにあの存在感…。

何作か過去のご出演作を観ていて、大塚さんの喪失感の大きさはもちろん、
相手役の方々の多くが他界されてしまっていることに悲しみが募りました。

また大先達がおひとり…哀しい限りです。
僕などはいまだに、同じ舞台に立つことすらできていませんが、
どこにいても何をしてても、どうにかして後の世代を継いでいきたいと思います。

豊かなキャラクターたちをありがとうございました。安らかにおやすみください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0