相次ぐマンガ家さんの訃報…

今日、ふとのぞいたツイッターでの友人のつぶやきで、
マンガ家の小山田いくさんの訃報を知りました。

ええっと思い調べてみると、残念ながら誤報ではなく、
同じくマンガ家の弟・たがみよしひささんも、
小山田さんの逝去を悼むツイートをされていました。

その後報じられたネットニュースによると、
長野県のご自宅で亡くなっていたのが発見されたのだそうです。
病死とみられるが、詳しい死因などはまだ明らかになっていないとのこと。
享年59歳。まだお若かったのに…残念です。

小山田いくさんといえばやはり『すくらっぷ・ブック』。
あの作品に触れた小中学校時代、あの学校生活は憧れでした。
仲間がいて、かわいい彼女がいて、いろいろありつつも賑やかな青春の日々。
自分にもこんなことがあるんだろうかとワクワクしていたものです(笑)。
『すくらっぷ・ブック』以降は、ややアダルト寄りのたがみよしひささんに
惹かれるようになって、あまり手には取らなくなりましたが、
心の中にずっと残っている作品を描かれた作家さんでした。

その流れで、聖日出男さんも今月頭に亡くなっていたことを知りました。
『なぜか笑介』の頃がいちばんよく目にした感がありますが、
個人的に印象深いのは、少年サンデーに掲載されていた『試験あらし』。
聖さん独特の表情や動きはその頃から魅力的でしたし、
いろいろ工夫を凝らされたカンニングの技に、心躍らせつつ読んでました。
享年69歳。聖さんも、まだまだ亡くなるには…と感じるお歳でした。

『すくらっぷ・ブック』、『試験あらし』。
どちらも、折に触れては思いだし、読み返したくなる作品でした。
その作家さんおふたりが、相次いで亡くなられてしまったのは悲しいです。
楽しい作品をありがとうございました。どうぞ安らかにおやすみください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0