先人の方々のことばから…

お仕事帰りの電車の中でながめていたツイッターで、
『大塚明夫の声優塾』という本が発売されていることを知りました。
いろいろ話題を巻き起こした『声優魂』の続きとも言える本…。
興味が湧いて、電車を降りたら書店に直行してGETしました。

家に帰ってさっそく開いてみました。
『大塚明夫の声優塾』は、大塚明夫さんと、
マウスプロモーション社長である納谷僚介さんによって
実際に行われた、声優志望者の方たちへの講義記録です。
受講生さんたちには予め「宿題」が出され、提出されたものに対して、
お二方から業界の状況を踏まえたアドバイスが展開されていきます。

最近の本らしく、本文に掲載されたQRコードをスマホで読みとることで、
受講生の皆さんの実演を聴くことができるという試みも。
実際の演技を聴き、それについての反応を読めるというのは、
少しキツくもありますが、おっしゃっていることが掴みやすいです。
また納谷僚介さんの「売る側としての目線」がそれに加わるのも、
これまたキツイながら、現実の現場を考える上では貴重だと思いました。

まあ凹みますね(^^;。『声優魂』と同じくいろいろ心には刺さります。
でも、そこに語られているやり方や内容を読むにつけ、
自分が見ていること考えていることが決して間違ってはいないという
心強さも感じ、しっかり考えて前を向いていこうと思える一冊でした。

読了後、本をしまおうと本棚を開いたら、目の前に
かつて大平先生からいただいた手紙の束があるのを見つけました。
もう夜中でしたが、思わず読みふけってしまいました。

養成所時代の添削、事務所に入る前、ど新人時代…。
達筆な文字と共に、お声と表情が甦ってきます。
何だ、今もあの頃言われてたことと根本的には変わってないやん。
先生のお手紙に書いてあることと、今の自分引き比べたら、
いろんな意味で涙出てくる思いでした(´・ω・`)。

今日は事務所でもちょっと学校の話をしたりしていたので、
たまたまながら、「教える」こと「演じ手として生きる」ことについて
考える機会の多い一日になりました。

よくがんばってきたよ、でもまだまだだよこれからだよ。
まだまだ精進しないとな。がんばろ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0