人それぞれに見方があるでしょ(´・ω・`)

お休み。そろそろ毎年恒例の健康診断に行かなくては
いけない時期なんですが、ここんとこ生活が乱れてたし
お天気も悪いので来週に回して、今日は家でのんびりしました。
絵を描いたりマンガタリの準備をしたりBlu-rayを観たり、
だらだらながらそれなりに充実した一日でした。

公開から一週間が来る『宇宙戦艦ヤマト2202』、
皆さんはどう感じてるのかなーと、あちこち映画サイトやSNSを巡って
感想や意見をながめてるんですが、まあ賛否両論ですねー。

それはどんな作品でもそうなので当たり前のことなのですが、
ちょっと気になるなぁと思うことがひとつ。
年齢層の高い人(本当はどうかわからないんですけど)が
今作に対して苦言を呈してると、若い人(これもどうかは不明)から
「ロートルはこれだから」とか「旧作至上主義」とか「老害」とか、
口さがない発言をされる方がいるなぁということです。

旧作ファンだって、リメイク作品のいい点はいいと思ってるし
それはそれで認めてると思いますよ。個人的な感覚では、
今回の作品に関しては、作劇とか演出の上で
引っかかってる方が結構いらっしゃるんじゃないのかな?

これまたどんな作品についても言えることですが、
「これがわからないと」「こんな見方ができないと」
「これを知らないと」的な空気ってヤだなと思いますし、
若いから年齢層高いからと言って、誰かの感想や感覚を
口汚く貶めるのは単純に失礼ではないでしょうか(´・ω・`)。

『ヤマト』に関して言えば、僕は旧シリーズ以来のファンで、
「ヤマトがなかったら声の仕事は志さなかった」とか
公言してる人なんですけど、新旧どっちもいいとこはいいし
「おいおいそれは!?」なとこはやっぱりそう思いますよ。
でも、結局好きだから観るし円盤も買い揃えちゃうでしょう。
ネタになるところはそれはもう楽しくつつき回します(笑)。
いいじゃないですか、別に人の優位に立たなくたって。
どんなことを知っててどんな見方をする人が偉いわけじゃなし。

あ、別に僕が何か言われたわけではないんです。
SNSとか口コミを見てて、何だかやだなーと思っただけで(´ω`)。
みんな、それぞれの楽しみ方で楽しみましょうよ。

20171020

今日の日めくりっぷは、『宇宙戦艦ヤマト2199』から、
ザ・親衛隊長という趣のギムレーさん。
顔も色合いも感情も、すべてが何か薄そう(^^;。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス