『劇場版 マジンガーZ INFINITY』

今日は声塾の授業担当。アテレコ実習の時に
キャラクターボイス弱いなぁというお話も出てましたし、
マンガタリ終わりのいいタイミングということもあり、
今回はマンガを題材にお芝居をしてみました。

で。うーん…期待したほど弾まなかったなぁ(´・ω・`)。
マンガをテキストにしたので、文字の台本よりも
はるかに具体的な演技が示されてるにも関わらず、
表情も身体も弾まない。乗っかりも入り込みも物足りなくて。

いつも言ってることだけど、声の演じ手は動けない。
でも画面の人やキャラクターたちは自在に動く。
まずこの段階でかなり制限がキツいです。
ここを乗り越えるために必要なのが表情や身体感覚だし、
全身の筋肉の記憶だと思うのだけれど、
多くの人が頭と身体が分離したお芝居をしてしまうんですよね。

確かに関西ではキャラクターボイスのお仕事は少ないけれど、
できれば絶対に武器になるはず。もっと暴れてほしいです。

授業終わりで、夜のなんばパークスシネマへ。
演劇関係仲間のオッサン3人組で観てまいりました。
『劇場版 マジンガーZ INFINITY』! いやー、楽しかった!
至極マジメに作られてるのにとんでもなく荒唐無稽で、
にじみ出る東映まんが祭り感。どれだけカッコや理屈をつけても
マンガはマンガだしバカバカしいものはバカバカしい。
それを割り切って作った感じは好感いっぱいでした(^^)。

ただまあ、キャスト陣に関しては、かつての声優さんの
個性とパワーを改めて思い知った感じがしましたね。
甲児と鉄也の演技パターンがほぼ変わらなかったり、
ゴツい声の悪役は層が薄くなったなぁと感じたり。
全体に楽しめたんですけど、その辺はちょっと寂しかったかな。

20180127

《今日の日めくりっぷ》
1月27日は永井一郎さんのご命日。あれから4年が経ちましたが、
今でもいろんなキャラクターたちと騒ぎはしゃぎ怒鳴り導く
お声の記憶は色褪せません(´ω`)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0