TheStoneAgeヘンドリックス 戯曲落語会『桃と鬼』

強い雨が降りしきる日曜日でしたが、
今日は朝から学校、午後は観劇の予定が入っておりまして。
お天気だったらなおよかったのになーと思いつつ出かけました。

学校は、日曜クラスの今期最初の担当授業。
もう何年か勉強をしてきたメンバーのクラスだったので、
ある程度はわかっている、こなれてきているという印象でした。
ここから大事になってくるのは「誰のためにしゃべるか」
「何のためにしゃべるか」ということだと思います。
自分のことだけではまだ半分。その先をしっかり見てほしいです。

授業終了後は、なんばの千日亭へ。
The Stone Age ヘンドリックスさんの新たな試みである
戯曲落語公演『桃と鬼』を観に行きました。

「戯曲落語」とは、戯曲を俳優が落語式に上演するというスタイル。
落語式の語りながら、演じられるのは役者さん。
お芝居のようでお芝居でなく、落語のようで落語でなく…。
この「どちらでもない」、ひとつ間違えると
「どっちつかず」になってしまうのですが、役者さんの演技と
落語的な語り口調、それぞれの個性が巧くかみ合った
面白い世界になったと思います。

今回のタイトルである『桃と鬼』。
かの桃太郎のルーツを探るお話を、3人の話し手が
時間を行き来しつつ語るという形式だったのですが、
軽快に進む落語かと思いきや、浮かんでくるのは
『メメント』ばりのサスペンスな世界というギャップも面白かったです。
マイルドな上田さん、パワフルな徳永さん、クールな一明さんという
三人の話し手さんのコントラストも楽しかったです。

課題は残ったのだろうと思いますが、
ひとつの大きな試みとしてとても楽しめた公演でした(^^)。
作るのは大変だろうなぁ…とは思いつつ、次回作も観てみたいですw。

20180513

《今日の日めくりっぷ》
5月13日は故・平井和正さんのお誕生日。
アニメ版『幻魔大戦』から、大友克洋さんのデザインが
衝撃的だったサイボーグ戦士ベガ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0