マネもまあよし。大事なのはその先。

昨日に続いて専門学校の授業。
台風は去ったのに雨はむしろひどいくらいの降りでしたが、
今日もJRはちゃんと動いてくれて、無事に行うことができました。

僕の授業の大テーマは「基礎」なんですけど、もう一つ、
「できるだけ自分の声や表現を大きく使う」というテーマがあります。
だから、例えば少々ふざけたことをやってみたり、
キャラクターを作りすぎてみたりしても、まずよしとして、
「それをより使えるようにするにはどうするか」を探ったりしています。

でも。前からちょくちょくあったんですけど、
「好きに演ってみて」というと、つい誰かのマネをそのまま
演ってしまったりする人が出てくるんですよねぇ…。
まあ確かに面白かったり、クラスでの受けはよかったりしますが、
「それを今やって何になるの?」ということがほとんどです(u_u;。

僕も経験がありますが、声優さんやキャラクターをイメージした
お仕事は実際にありますし、「~風」はできないよりはできた方が
自分の「ワザ」「引き出し」になると思います。
あえて授業だとか現場とかで演ってみるのもいいです。
かく言う僕自身も身に覚えがあることです(笑)。

でも、ただ「それっぽいもの」「形をなぞっただけのもの」は、
その場を沸かせたり一発芸的には使えますが、
もう既にいる人やキャラクターのコピーはあくまで「借りもの」。
自分の技量や実力をアピールできるものとは言えません。

その形だけをなぞるのではなく、
「何を表現するためにその人はその技術・技法を使っているのか」を
しっかり考え、あくまでも自分の感情・感覚を下敷きにして使えば、
「一つの引き出し」として使えるようになったりするでしょう。
どうせなら、そこまでを視野に入れて磨いていってほしいものです。

できることは演ったらいいです。でも、根本は「自分」。
「自分自身のこと」と「できること」、両方を探っていきましょう。
それは、続ける以上は「一生の課題」になっていくと思います。

《今日の日めくりっぷは、追ってアップします》

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0