Theatre劇団子『どのツラ下げて』

朝からの授業を終えて、無事に回復した新幹線で一路東京へ!
マンガタリTOKYOでお世話になっている
竹中さやかさん・杏泉しのぶさんの所属劇団である
Theatre劇団子さんの公演『どのツラ下げて』を観に行きました。

今回の作品の舞台は、長い歴史を持つ劇団。
過去からの時間、ずっと関わり続け受け継いできた人々もいれば、
まだ関わって日の浅い人、今は離れてしまっている人もいる。
それぞれが持つ「劇団」「演劇」への想いはやはり少しずつ違う。
長い歴史を持つがゆえの「闇」の部分もあって、
それはまた関わる人たちの間に微妙な溝をつくる。
そんな中でも、人はその場所に居場所を求め、
人々の想いは、ひとつの形になって動き始める…。

そこに描き出される「劇団」「何かを成そうとする人々」の姿。
何年も年を重ねてきた団体だからこその重みを感じる作品でした。
観に行った回が千秋楽だったので、カーテンコールでは
皆さんの溢れる想いの詰まったことばを聴くことができました。
もう、涙が止まりませんでした。

そうして、想いはやはりマンガタリ編集部へ。
うちの「団体」の歴史は、まだ1/3にも及びません。
劇団ではないし、公演のたびに顔ぶれはほぼ入れ替わりです。
でも、人や団体にかける想いは同じだなぁと感じて、
共に歩んできた人たちへの感謝と敬意を再認識しました。

携わってくれた、一緒にやってきてくれた人々のおかげで
今があり、まだ先のことを考え夢を見られる…。
年齢だけは上がってきてしまった自分ですが、まだまだだなぁと、
もっともっとがんばらなきゃ成長しなきゃと感じました。
くそう、よかっただけに悔しい! この悔しさは明日の糧に!(^^)

いろいろと想いにふけった東京の夜でありました。

《今日の日めくりっぷは、追ってアップします》

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0