見てる?聴いてる?感じてる?

今日は夕方からもそもそと大阪に出かけて学校へ。
ある状況を描写した詩を題材にして授業をしました。

同じひと言でも、状況や出す目的が違えば、
その「扱い」は大きく変化します。
今話そうとしている状況、風景、空気を
ほんとにしっかり見て感じることができているかな?

語りもセリフも、基本は「表明すること」だと思います。
自分はどう思ってるとか、何を伝えたいとか、
どう感じてほしいとかわかってほしいとかを人に示すこと。
でも、勉強してる段階では、多くの人がそういう
「人に働きかける」という視点をうっかり忘れがちですね。
自分がどう演るかを気にしすぎて、台本と話をしちゃって、
その結果、内容より演じ手が前に出すぎちゃうような…。
それは何のための「主張」なのだろう?

意図のない「ただ話してる人」を
観に来てくれる人はそうそういないと思いますからね、
もっと聞いてる人を意識しよう、聴き手にサービスしよう!(笑)

…みたいなことを考えさせられた授業でした。
授業での試演も、舞台上や作品上で出された演技も、
同じようにいろんなことを考えさせられますねー。
そして、「自分はどうなのか」という考えにたどり着きます。
結局、全部が自分のところに返ってくる恐ろしさよ(@@;。

というわけで、今日は学校の授業があったため
オリゴ党さんの稽古には行けなかったわけですが、
ついに台本が完成した模様。うわー、早く先を、結末を知りたい!
でも次に稽古に行けるのは来週の月曜日…(^^;。

《今日の日めくりっぷは、追ってアップします》

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0