『その日、恋は落ちてきた』

鍼が効いたのか、がちがちのテーピングのせいか、
腰痛はだいぶ快方に向かっている感じ。
今日は朝からもう一度一昨日の接骨院に行ってきたのですが、
多少は症状も改善されているようです(´ω`)。

とはいえ、「特別なことはまだしばらくしないように」と
言われてしまったので、RTC Projectさんの稽古も
徐々に本格化するというタイミングではありますが、
様子を見つつの参加になってしまいそうです(´;ω;`)。
大きな役どころでなかったのがまだ幸いでしたが、
ご迷惑やご心配をかけるかと思うと心苦しい…。
焦りは禁物ですけど、早いとこ治すよう努めなくては。

午後からは、先日『よみラジの時間』でお話をうかがった
武信貴行さん監督の映画『その日、恋は落ちてきた』の
上映会にうかがってきました。

恋というものに縁なく生きてきた卯月、30歳。
突然、落ちた初恋の相手はもう絶対に会えない相手!?
それでも遅れてきた初恋は止まれない。
恋ってなんだ!? 人を想うってなんだ!?

「恋」というワードからはとても思い浮かばない
けったいなシチュエーションで突っ走りつつ、
人の多面性や「人の中で生きていくこと」に想いを及ばせる
「サスペンスフル・ラブコメディ」な作品でした。

武信さんの映画作品を観るのは2作目ですが、
普段から親しくさせていただいていたり、
また『よみラジ』でお話をうかがった後ということもあり、
「こういうものが撮りたかった」「こういう絵を作りたかった」という
「想い」が随所に感じられる作品になっていました。

当日会場にいらっしゃった主演の丹下真寿美さん、
たまたま隣の席で観ていた出演者の谷屋俊輔さんほか、
存じ上げている方々が、全然違う世界で生きているのを観るのも
舞台とはまた違った感じがして面白かったです。

今回はDVDをいただかずに帰っちゃったんですが、
またじっくり観返してみたいなーと思いがじわじわと。
近々GETせねば(笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0