人数分だけ広がりがある

またしても結構な腰痛に悩まされております(u_u;。
腰に加え、夕方以降になるにつれて大胸筋と脇腹の痛みも…。
もうこれは昨日の筋トレの影響確定ですね(^^;。
明日も稽古だけど、ムリせずちびっとずつやろう。
普段ダンスどころか運動もしてない50男が、
若い演劇人についていけるわけないからね(´;ω;`)。

さて、今日は『マンガタリLIVE第17号〜あにまるず〜』の
編集会議でした。キャスト陣とかテキストの構成とか、
公演の概要がほぼ固まると共に、終わってからの飲み会では
今後の展開に向けての野望だの風呂敷だのがぶわーっと(笑)。

マンガタリ編集部に人が増え、その分横のつながりも増えて、
僕に知らなかった世界を見せてくれるようになってきました。
みんなが広げてくれる分、僕も自分のできることで
世界を拡げていきたいです。みんなのしたいこと面白そうなことを、
できる限り実現していきましょうね!(^▽^)

マンガタリ編集部7周年記念!
『マンガタリLIVE第17号~あにまるず~』は、
12月9日(日)、心斎橋のBar Theatre Ludoさんで開催です。
人と動物が紡ぎ出す物語の数々、ぜひお楽しみ下さい。
情報は随時発信していきます。
今年最後にして周年記念のマンガタリLIVE。
ぜひご一緒して下さい~(^▽^)。

『プーと大人になった僕』

いつだったか叔父さんからもらった映画のチケットが
使用期限間近になっていたので、夕方稽古に出かける前に
地元の映画館で一本映画を観てきました。

夏休みシーズンもすっかり終わってしまってますし、
夕方までに観られる作品…ということで、選択肢は少なめ。
ちょっと迷って、あの『くまのプーさん』の実写化!として
話題になった『プーと大人になった僕』をチョイスしました。

大人になったクリストファー・ロビンと、
変わらないプーさんたちの心のふれあい。
この手の作品の展開はもう決まってるんだけど、
『くまのプーさん』を彩る優しくてちょっと哲学的なことばの数々は、
世間の波に翻弄される大人の心にこそ響くものも多く、
温かさと郷愁にしみじみ浸る作品に仕上がっていました。

今回、たまたま行った回が吹替版だったので、
クリストファー・ロビン役を演じたユアン・マクレガーの吹替が
堺雅人さんだという予備知識もなく観たんですが、
巧い下手とかは関係なく、芝居までがもうまるっきり
堺雅人さんに見えてしまって、ちょっと困惑しました。

僕自身は、「声の芝居は本職の声優じゃないと!」という拘りは
あまりなくて、作品世界やお芝居の雰囲気が合っていれば
いいんじゃないかという考えなのですが、それはやはり
「前に出ている人・キャラクターあってのお芝居」が大前提。
本人が見えすぎる吹替はちょっとヤだなぁ。
まあ、堺雅人さんご本人の問題ではないんでしょうけど。

自分は決して前に出ることなく、
画面の俳優やキャラクターを活かすのだ。「声優は忍者だ」。
大平透先生がよくおっしゃっていたことばを思い出します。

ぼちぼち「来年度」の季節

今週も土曜日は授業のダブルヘッダーでした。
何だろう、活動に稽古と授業が占める割合が多い…(笑)。
週末に授業が重なる頻度が高くなってきてるので、
最近あちこちの劇団さんの公演をのぞきに行けてません。
10月あたりの公演スケジュールを見ると、
観たい公演も多いんですが…どのくらい行けるかな!?

さて授業。
声塾は4月始まりで11か月のカリキュラムなので、
今週でちょうど半分くらいになります。
学校などほかの養成機関でも「オーディション」ということばに
触れる機会が増えてきました。そろそろそういう季節なんですね。

そういう時期はまた、焦ったり疑問を持ったりが出てきやすい頃。
まだ「これ!」という持ち味を見いだせる状態でもないですし、
なかなか伸びを実感できなかったり、伸び悩んだりする頃なので
仕方ないんですけど、もう少し足掻いてみると抜けたりもします。
足踏みや立ち止まりも、前向きならきっと自分のためになります。

勉強している間の「選ばれない」もダメージですが、
ステージが先に進むとさらに心にキツくなりますよ。
優しい事務所・養成所ほど入れてくれるまでは厳しいです。
結果どう出るか、誰にも何とも言えないのが難しいところですが、
今はとにかく伸びのび存分にね!

考えや時間やお金が、ひいては「人生」が
しっかり積み上がる選択になりますように…。

演じるも楽し、観るも楽し♪

今日は朝から、とある番組のナレーション収録でした。
おじいちゃんが孫に秋の味覚を振る舞うというような感じで、
もちろん僕が演るんですから、孫ではなくじいちゃん。

収録は順調に進み、皆さん喜んで下さいましたが、
考えてみたら、実際には孫どころか子どももいないのに
じいちゃんを絶賛してもらえるような歳になったということで、
嬉しいような哀しいような(笑)。

とはいえ、いろんなものになれるのがこのお仕事。
材料は自分自身ですけど、実際の人生では経験できないことが
できるというのが、大きな魅力の一つですもんねー(^^)。
喜んでいただけて、お役に立てたならそれでいいんですよね♪。

夜は、先日から合流したRTC Projectさんの稽古。
今日は殺陣稽古だったので、基本殺陣に絡まない僕は
場面が徐々にできあがるところを楽しんで観ていました。
相手役の方がお休みだったこともあり、ほぼ見学になりましたが、
物語の世界が組み上がっていくさまは、見ているのも楽しいです。
さて、僕もあの中でしっかり生きている人にならなくては(^^)。

稽古はしませんでしたが、飲み会には参加して帰りました!
飲みつつコミュニケーションを取り、物語が深まっていく…。
これもまた大きな楽しみの一つです♪。

「伸びのび」「大きく」「楽しんで」

昨日と今日、専門学校に出かけていって、
今年度前期分の成績関係のまとめをしていました。

ほんとは8月中にやっておこうと思ってたんですけど、
祖母が亡くなったり松山へ行ったりお芝居の公演があったりと
何かと落ち着かなくて、まとまった時間が取れず延び延びに…。
どうにかこれで今年度前半は一段落という感じです。

それにしても、生徒さんへの所見メッセージに
何回「大きく」「伸びやかに」「楽しんで」と書いたことでしょう。
授業中のメモにも、多くの人に何度もそのことばが出てきてました。
それだけそこが課題の人が多いってことなんですよねー。

台本・原稿を見てしゃべるので、どうしても下を向いてしまう。
頭で考えた「状況」から離れられず、表現が大きくならない。
どこにいる、誰に話しかけているのかの意識が薄い。
どこの授業に行っても、共通して出てくる弱点ですね。

スタジオの中でひとりで語ることばであっても、必ず相手がいる。
その相手や状況は、演じる・語る内容によって毎回違う。
そのことは、この活動やお仕事を続ける限りついてくるもの。
自分の中から出てきて人に働きかけないと、
なかなか今のところから先には行けないですよね。

夏休みも終わり、もうしばらくすると後期の担当授業も始まります。
しばらくみんなの声や演技に触れていないけれど、
後期、何かが動いていますように(^^)。

赤ちゃんが生まれたよ!(^▽^)

いつだったか、姪っ子が玄関先でかたつむりを見つけてきて、
飼ってくれというので母が飼育ケースで面倒を見ていました。
その後も見つけては連れ帰ってきて、いつしかケースの中は
4匹のかたつむりがうろうろするマンション状態に(^^;。

あるとき、エサにと入れていたレタスの上に、
小さくてまるいものがたくさん乗っているのを母が発見。
調べてみるとどうやら卵らしいので、孵ったらいいなと
別容器に移してしばらく様子を見ることにしました。

それから3週間あまり。ときどき霧を吹いたりしながら
見ていましたが、なかなか変化は現れません。
やはり孵すのは難しいのかなと思っていたところ、
今朝になって、「ちょっと見て見て!」と母が僕を呼びました。

見ると、卵を入れていたケースのふちに、透明で小さな殻が。
しばらく見ていると、もぞもぞ動いて、にゅっと目を出しました。
とうとうかたつむりの赤ちゃんが誕生したのです!(≧▽≦)

直系にして5ミリもないくらいの、小さな命。
かたつむりを卵から赤ちゃんまで見る機会はあまりないので、
なかなかに感動的でした。
そのうち、他にも孵っている卵が見つかって、赤ちゃんは3匹に。
せっかくなので、一人前になるまで観察してみようと思いますw。

20180912

ちょっと涼しくなりましたね

昨日今日あたり、急に涼しくなりましたね。
エアコンをまったくつけることなく眠れるくらい。
暑い日々が続きすぎたので、何だか変な感じもしますが、
ようやくひと息つけるといった感じです。
ここのところ続いた災害の被害に遭った方々の生活にも
少しでも安心要素になってくれるといいのですが。

『あおのじだい』終演から2日。
もうお仕事には普通に行っていますが、
どうも腰の調子が今いち…座った姿勢から立ち上がるときに
何だか突っ張ったような痛みがあって、少し不便です。

RTC Projectさんの稽古に復帰するつもりでしたが、
今日はダンス稽古の日なので、大事を取ってもう一日お休みを
いただくことにして、お仕事が終わったら早めに帰りました。

帰り道、先週末に発売された『ドカベン ドリームトーナメント編』の
34巻を買おうと思ったのですが…どうも品薄状態になっている模様。
昨日2軒、今日3軒書店を回りましたが見当りません。
中には「『ドカベン』完売しました」と貼り紙があるお店も。
Amazonでも「1~2か月以内に発送」になってました(@@)。

まあ、『ドカベン』というシリーズの最終巻だからなんでしょうねー。
でも、休刊する雑誌じゃあるまいし、30巻以上あるコミックスの
最終巻だけ買ってどうするんだろうなあ(^^;。

休息と余韻の公演翌日

宣言通り、早起きはせずしっかり寝ました(`・ω・´)。
朝連絡が入り、午後に入っていたお仕事の時間が
少し遅くなったこともあって、出かけるまではかなりゆったり。
身体を休め、あちこちにごあいさつやお礼メッセージを送り、
たまっていたブログをまとめたりして過ごしました。

ああ、終わったんだなぁという気分。余韻にまだどっぷり。
毎度のことですが、ほっとする部分もあり、寂しくもありですね。
この後は、10月1日に『身毒丸』の東京公演があり、
今週からは11月公演に向けてRTCさんの稽古にも本格合流。
10月に入るとマンガタリの本公演準備が始まります。
今年はまだまだ盛りだくさん。
しっかり休んだら、また次に向かって歩を進めます。

写真は、『あおのじだい』に寄せて描いたイラスト。
とある事情により表に出ていませんでしたが、
公演が終わったので公開! A4サイズで2枚…久々の大作です。
誰にも頼まれてないけど描きたくなったので描きました。
終演後は、いるいらないを問わず劇団さんに贈呈(笑)。

20180909-120180909-2

※ とある事情…劇中に「出オチ」的に登場するキャラクターの
  姿を思いっきり描いちゃったこと(笑)。

『あおのじだい』ありがとうございました!

昨日の終演後、劇場近くの居酒屋さんで初日打ち上げ。
劇場を出た段階で22時でしたから、ハナから帰るのは諦め、
ヌリカベホンポ泊まりにして、しっかり飲んでしっかり寝ました。
おかげで、気持ちよく朝を迎えることができました。
さささ、今日は2日目にして早くも楽日です。

小屋入り、手直し、そして2度の本番。
始まってみれば本当にあっという間でした。
稽古、当日を通してお世話になったみなさま、
生憎のお天気の中おいで下さったみなさま、
ありがとうございました。個人的にもとてもいい経験になりました。

打ち上げもして結構酔って帰ったんですけど、
帰ってから家でもう一杯傾けつつ、公演の余韻に浸りました。
「劇団」という空気、ドラマができていく過程に実際に触れた後で
当日パンフの岩橋さんの文章を読むと、さらに感慨深いです。
詮なきことかも知れないけれど、「こんな人がいたんだよ」
「こんなことがあったんだよ」を何か残したいものですね。

人の間にいられる喜びをまた感じた日々でした。
ほんと、楽しい時間であったなぁ。
マンガタリの公演はもちろんですが、またどこかの舞台で
お目にかかれる日も楽しみに、研鑽を重ねてまいります!

そして宣言。明日は絶対に早起きしません!(笑)

そして初日の幕が開く

オリゴ党さん『あおのじだい』いよいよ初日!
集合時間は9時。ならば7時20分には家を出なくては。
昨夜、荷物の準備をしつつそこも確認して床に入ったのに、
目が覚めたら6時58分。どういうことやー!Σ( ̄□ ̄;)
大慌てで身支度をして、起床から20分で家を飛び出し、
無事遅れることなく劇場に着くことができました(^^;。

劇場入りし、もろもろの準備が整うと、
約110分の作品を当日リハーサル合わせて3回まわし。
僕の役どころは物語の進行を説明するアナウンサーですから、
いやーよくしゃべりました!(≧▽≦)
舞台上に顔を出した状態で、テキストを持たずに
(小道具として台本持ってましたが)こんなにしゃべったのは
何年ぶりでしょう。緊張もありましたが楽しかったです。
ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。

今回、すごく楽しんで演らせていただき、
「話し手」というポジションを活かしてももらってると感じます。
ありがたい限りです。それだけに、もっと多くの人に
観てもらえたらいいのにとか、自分の求心力・集客力とか、
そんなことも考えてしまいます。もっとどうにかなりたいもんですよ。
ともあれ、明日もがんばります!

『あおのじだい』小屋入り!

オリゴ党さん公演『あおのじだい』いよいよ明日から!

今日は午前中お仕事をしてから、小屋入りに合流しました。
とはいえ、普段まったく舞台設営だのそういうことに
携わることがなく、そのあたりはまったく素人ですので、
行ったからといって何かができるわけでもなく、
ものを運ぶとか、その程度のお手伝いをできるだけやり、
あとは楽屋や舞台の傍らで待機して過ごしました(^^;。

夕方からは、ほぼ通しに近い場当たり。
これまでなかった大道具と照明、初めての実地アクティングエリア。
「現場」ならではの勝手の違いと緊張とワクワク感があって、
楽しく演れそう&楽しんでいただけそうな感じがムクムクきました。

オリゴ党さんの習わしに則り、今夜はお酒をいただかずに就寝。
明日9月8日から9日までの2日間、トリイホールにて。
各地で公演ひしめく激戦区ですが、どうぞよろしくお願いします!

エアコン復旧と最終稽古

先月頭に故障したリビングのエアコン、
今日ようやく取り替え工事が行われ、無事に稼動しました。
夏の盛りのことだったので時間がかかりましたが、
今年の猛暑の中、一番人が使うはずの部屋が
ほぼひと月冷房を使えなかったのはかなり不便でした。

その頃には台風20号も21号も来ておらず、
まさかこんな大ごとが起こるとは考えてもいませんでしたので、
まだライフラインの復旧を待ちながら生活をされている方々の
ことを考えると、今思うと何とものんきな話だとも思いますが…。
ともあれ、わが家は一つの厄介ごとが解消したので、
そこは素直に喜びたいと思います。

夜は、オリゴ党さん『あおのじだい』最終稽古でした。
6月下旬に参加して以来、思えばあっという間の日々でしたねー。
明日は劇場入り、土日の公演です。
まだまだ詰められるものはたくさんあるでしょう。
楽しんでいただけるよう終演まで磨き続けます!

ぽっかりの一日

台風一過。
あちこちでとんでもない被害が出ていて、
ニュースで流れてくる映像も、身近な地域とは思えない様相。
何となく「瀬戸内地域はわりと安全」的な感覚があったのですが、
そんなことはないんだということを改めて実感させられました。
そんなこと、阪神淡路大震災の時に身に染みたはずなのに。

自然は怖い。どんなに文明が発達しても、
人間はそれに抗いきることはできない。
どこにいたからといって、完全な安全は得られない。
自分も、中央で何だか他人事みたいに政治をやってる人々も、
もっとそこんとこ意識して、備えておかないとと思います。

今日も交通機関は乱れがちだった模様ですが、
もともとお休みだったので、一日家にいました。
このままいけば、今日を入れてあと3日で舞台の本番。
ちょっと疲れ気味でもあるので、この機会にちょっと落ち着いて
本を読んだりイラストを描いたり、少しゆったり過ごしました。

台風に閉じ込められた一日

やって来ました台風21号。
早いうちから鉄道関係は動かないことがわかっていたし、
出かけると確実に帰宅難民になるので、
今日はもうおとなしく家に閉じ込められて一日を過ごしました。

マンガタリ本公演のラインナップを決める前準備に本を読み、
長らく遅れっぱなしになっている日めくりっぷを描き、
わが家に待避してきていた姪っ子の相手をし、
疲れたら仮眠を取り…久々に「自宅」を満喫しました(^^;。

幸いわが家の近辺は大きな被害は出ませんでしたが、
マンガタリ編集部のメンバーや劇団関係者と連絡を取ったり
ツイッターやFacebookの投稿を見ていると、
各地でかなりひどい被害が出た模様です。
被害に遭われた方が大事に至らないこととともに、
一日も早い復旧を祈ります。

それにしても、ほんとに今年は災害が多くひどいですね。
台風は夕方には近畿圏を抜けていきましたが、
明日もまともに世間は動けるのでしょうか…。

また来るのか台風(--;

また来るんですってよ台風!
明日は早々に電車が止まるんですってよ!?
今日はものすごくいいお天気だったのに。

明日がどんな状況になるかはわからないものの、
どうやら近畿はしっかり縦断していくようなので、
あちこちで早めにその対策が取られているようです。
鉄道も既に朝のうちから明日の運転見合わせを発表し、
姪っ子の学校もかなり早い段階で明日は休校になりました。

僕も、明日入っていたナレーション録りを前倒しすることになり、
夕方にスタジオさんに駆けつけました。
もう本番が今週末に迫っているオリゴ党さんの稽古も、
恐らく今の調子では動けない人が多くなりそうなのでお休みに。
ほんと、自然現象には文句言えませんけど困りますよね!?
今年はほんとにどうなってるんでしょう(u_u;。

まあ、大事にならずに通り過ぎてくれたら
それが一番なんですけどね…(´・ω・`)。

さて、今夜のオリゴ党さん『あおのじだい』稽古は、
ゆるっと流しながらお芝居部分と舞台上の役割の確認&微調整。
舞台の表側と裏側がシステマチックに連携していくのが面白いです。
ぜひ楽しんでいただきたいです。9月8日~9日、トリイホールにて。
お席まだ余裕ありますよ~。よろしくお願いします!
https://t.co/gL4UuIgfLQ

休み&インプット&アウトプット

ここんとこ割と活動量が多かったので結構疲れてたらしく、
午前中は何もやりたくないモードで沈没。
またしても日めくりっぷイラストは描けませんでした。
姪っ子に「まだ8月8日なの?」と無邪気に聞かれました。
ううう、好きで遅れてるんじゃないんだよっ(><)。

それにしても、なんぼでも寝られますねー(^^;。
好きで楽しんでることでも、ちゃんと身体は疲れてんのね。

午後。もそもそとベッドから這い出して大阪へ。
事務所の後輩さんが出演していた朗読公演、
たまごのカンづめ!さんの『良い月』を聴きに行きました。

皆さん緊張もあったのでしょうが、
作品のセレクトも演者さんのたたずまいもキリッとしていて、
正統派!という感じのステージでした。
マンガタリの公演だったり、僕自身の「朗読」の姿勢が
割とゆるいので、スタイルの違いが面白かったですw。

インプットからのアウトプット。
夜はRTCさん『リバティワールド』芝居稽古でした。
実は立っての稽古には初参加。
これまでは台本上でしか観ていなかった物語が、
代役をまじえながらでも実際に人間が立って演じ、
キャラクターと演じ手の姿が結びついてくると、
作品世界がぐっと広がりを見せてきますねー(^▽^)。
次の参加は恐らくオリゴ党さんの公演終わり。
がんばって追いかけなくては!

で、稽古終わりで家に帰り、ほっとひと息。
稽古で突き指?したらしきところがちょっと腫れてきたので
キンキンのビール缶で冷やしつつお酒をいただきましたw。
やはり一杯では終われない…最近酒量増えてるよなぁ(^^;。

ダラダラで始まりましたが、終わってみると割と充実の一日でした。

思えばずっと「先生」(^^;

先日「菱田さん最近よく授業してますねー」と言われたんですが、
はい、本日も授業でありました。そしてダブルヘッダー(笑)。

その昔、「菱田はいずれ先生になる」と周囲の大人たちから
思われていた時期がありまして、その頃から声のお仕事を
志していた僕としては「誰がなるかぁっ!」と思ってたんですが、
大学を出てまずなったのは先生でしたね(^^;。

事務所に入ってからも、バイトは塾の先生でしたし、
そこそこお仕事をするようになってからは、
ナレーター・声優系の専門学校、ワークショップ、養成所…と、
考えてみたら、先生でなかった時期がほとんどない!
うーん、やはりそういう宿命だったのでしょうか(笑)。

でも、個人的には悪いことではなかったと思っています。
人に教えるには自分が勉強しないといけませんし、
人に言ったことは全部自分にはね返ってきますし、
先生を続けている限りは「基礎」から離れることができません。
人前で話すこと、人の試演を聴いて「何か」を見つけること、
いろんな人を観ること、それらは全部自分のためになっています。
生徒さんたちは期限がありますが、僕はずっとですから、
思えば僕が一番勉強してることになりますね(笑)。

こういう機会を与えていただいていることに、まずは感謝ですね。
で、「本職」でこの蓄積を活かせる機会が、もっと増えますようにw。

終わるまで、重ねていく。

ここんとこ、ちょっと必要に迫られて
過去の写真を掘り起こしたりしてるんですが。
当たり前ですけど、いろんな時期にいろんなとこで
いろんな人といろんなことしてる自分がいて、
ああ結構長いこと生きてきたんだなぁと感じますね(笑)。
人生を終える頃に、それを自分で振り返ることは
たぶんないんだろうけれど、「生きてきた証」を
着々とこれからも罪重ねていこうと思います(´ω`)。

さて、あと一週間!
夜はオリゴ党さん『あおのじだい』稽古でした。
稽古を見てると、それぞれのキャラクターに役者さんが
するっとはまってて、ちゃんと演じてるのに「ご本人」みたいに
思えるのが面白く興味深いです。
自分では見えませんが、僕はどうなってるのかな?(笑)

9月8日~9日、トリイホールにて。よろしくお願いします!
http://ticket.corich.jp/apply/93241/012/

稽古とはいえ、ひとしきり騒いで帰って、
家でふとひとりになると、何だか寂しくなる今日このごろ。
面倒なおっさんやなぁ(笑)。

そろそろ編集部のみんなとホームのこともやらないとなぁ。
『16号』終演からはや2か月。大きな動きがない時期が続くと
少し寂しいですね。帰れるところがある幸せ、なんでしょうかw。

開拓者たちの足跡に触れる(´ω`)

明石市立文化博物館で開催されていた
『特撮のDNA展』ようやく行ってまいりました~。
夏休み前からやってるのに、ずっと行くつもりではいたのに、
終了まであと3日のギリギリで滑り込み。
あまりに近いと、かえって後回しにしちゃいますね(^^;。

古くは初代のゴジラから、割と最近の作品まで、
特殊撮影に使われていたミニチュアやギミックがたくさん。
レプリカもありましたが、実際に使われたものも。
シンプルでありながら、どうすればより本物らしく見えるか
考えられ工夫されたものが多く、特撮の黎明期を拓いた人々の
アイディアと技術を改めて感じる展示でした。

シンプルな模型が、CGよりも実物らしく見えた映像表現…。
最近はデザインは複雑になり、CGでいろんな場面が
実現できるようになりました。それはそれですごいことなのですが、
「ああいう時代」があり「ああいう人々」がいらっしゃったことが
今の特撮シーンへとつながっているのだろうなと思います。

個人的に「おおっ」と思ったのは、
『流星人間ゾーン』の飛び人形や衣装があったこと。
もう詳細はほぼ覚えていない作品ですが、
そのインパクトはまだ僕の中に残っていました。
また改めて観てみたいなー。今観るとどう感じるのでしょう。


何だかいろいろ追っかけに(^^;

ここんとこ放置になってたブクログを追加し始めました。

何となく感想を書くのを後回しにしていたら、
気がついたらひと月以上が経ってしまってまして(^^;。
読んだときにすぐに書けばいいんですけど、
Web版と連動しているiPhoneアプリの使い勝手が今イチで、
「PCからの方がいいか…」と思ってるうちに時は流れてね。

時系列に沿って更新していくとえらい時間がかかるので、
まずは今読み終わった本から始めて、
少しずつ前のを追加していくことにしました。
日めくりっぷに続いてこちらも「追っかけ」。
少しずつマメにってことを続けるのはムズカシイですね(笑)。

せっかくツイッターと連動してるので、
マンガタリ編集部のアカウントにも更新情報あげることにしました。
イベントの準備と情宣以外ではあまりつぶやいてなかったですし、
マンガのイベントですから、一種の情報発信になればいいなと。
さあ、ますますしっかり書かないといかんようになったぞ!?
誰かの、何かの役に立ってくれたら幸いなんですけどねw。

夜はオリゴ党さん『あおのじだい』の稽古。
いよいよ公演が来週末となりました。本日は通し!
台本はできる限り放し、あるだけの衣装を着け、
小道具やギミックも出て、音響さんがいらしたので音もついて、
着々と物語の全貌が姿を現していきます。
ゴール?まであとわずか。最後まで走ります。

9月8日~9日、トリイホールにて。よろしくお願いいたします!(^^)
https://t.co/MruHQxamPb