テーマ:

ゾンビ、ネットを駆ける(笑)

始まりはこの写真でした。 お仕事に出かける前、朝刊に載っていたこの広告がふと目に止まり、 この内容で1890円とは強気な…と、話のネタとして面白いので 何とはなしにツイッターに写真つきでつぶやいたのです。 それからしばらくして。 ぽつりぽつりと、見覚えのないIDからコメントつきのRTが届き始めました。 記事が拡散…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文庫版は思い出したように

朝からお昼過ぎまで『よみラジの時間』の編集。 スピーカーつけたおかげで、ヘッドフォンの煩わしさも少なくなり、 音のバランスも取りやすくなりました~…と思うんですが、 とは言っても素人同然の僕が自己流とフリーソフトでやってることですし、 パソコンから出る音は、聴いて下さる方の環境でだいぶ違いますからねー。 僕だけが「やりやすくな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空いてるうちに詰めておこう

マンガタリの公演が終わって2日。 準備関係のばたばたがなくなったせいもあるのですが、 タイミングよく?用事やお仕事の流れも一段落付いちゃった感じ。 週の前半はお芝居の公演も少なく、映画は時間帯が合わず…。 通常運行に戻った途端に、何だかえらく時間に余裕ができました。 いや、もうちょっと平均的に詰まってくれたらいいのに(^^;。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

意外に野心家?(笑)

夕方、お仕事を終えてスタジオさんを出、 道ばたのベンチにふと腰かけたところで、何だか動けなくなりました。 体調的な問題ではなくて気分的に。「ここからどうしよう」という感じ。 結局20~30分くらいそのまま動けずにいました(^^;。 昨夜は台風がらみの強風が窓の外で吹き荒れていて、 「台風とは離れたところでも竜巻が発生…」み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2013年9月10日のあれこれ

今日は特にこともなし~。 なので、久しぶりにつらつら書きで。 朝からお仕事。後輩さんが見学に来てました。 定期的に演らせていただいているCMですし、分量も今回は少なめ。 後輩さんが聴いているからといって、僕は意外にその辺は緊張しません。 なのに、今日はリズム感が今イチ悪く、結構失敗しちゃいました。 スタッフさんから「ヒシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『さよならタマちゃん』

昨日のこと。書店をぶらぶらしていて、一冊の本に目が留まりました。 武田一義さんの『さよならタマちゃん』。 34歳のある日、精巣腫瘍が発見され、抗がん治療を余儀なくされることになった マンガ家アシスタント・武田さんの実体験に基づく闘病記です。 第一印象は、「見るからに闘病記」。 現実のこととはいえ、病気と動物はいろいろ心に痛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今は読めない作品

僕がかかりつけにしている整骨院さんは、 待合室に本棚があって、たくさんコミック本が置いてあります。 話題作からレア作品まで幅広く揃っていて、しかも貸し出し可。 気にはなっていたけど買うには至らなかった作品を見かけることも多く、 マンガタリ編集長としては結構助かっていますw。 いつか、あそこ会場にしてマンガ読み会ができないだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2大キャラクター、ナゾの共演!(笑)

スマホのアプリで時々確認している、新刊コミックス発売情報w。 その中に、先日ちょっと目を引くタイトルを発見しました。 永井豪さん&ダイナミックプロと手塚治虫さんのコラボ企画作品、 その名も…『どろろとえん魔くん』! ダジャレやないか!!Σ( ̄□ ̄; 巻末収録のインタビューを見ると、 そもそもダジャレ発想からのタイトル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「スローライフ」の裏側に

先日、書店をぶらついていてふと見つけた、 いけだたかしさん作のコミック本『34歳無職さん』。 僕好みの「バランスよく白っぽい」画面と、ゆったりな雰囲気、 そして何だか語呂のいいタイトルに惹かれて、つい買っちゃいました。 34歳。女性。ひとりぐらし。無職。 勤め先がなくなって無職になり、そのほかいろいろあって、 「一年間何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深夜の「めしばな」

原作に続き、ドラマでも『めしばな刑事タチバナ』にハマっちゃいました…。 深夜に放送されているので、見るのはたいてい録画して。 こういう場合、「いつでも見られるから」とつい何話もためてしまって、 結局見られなくなるというのがいつものパターンなのですが、 今回は4話終了時点でストックはなし! 珍しく、録った端から見ています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ついつい手が出る「めしばな」

最近、坂戸佐兵衛さん原作・旅井とりさんイラストの グルメコミック作品『めしばな刑事タチバナ』にはまっています。 『めしばな刑事タチバナ』は、城西署の刑事であるタチバナが、 実在する様々な食べ物や飲食店について、幅広く熱く蘊蓄を語るストーリー。 初めはその情報量の多さや絵の雰囲気に、 ちょっと好みかどうかを探りながら読んでい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「自炊」の光と影

電子書籍が普及し始めたあたりから、 「自炊」ということばをよく目にするようになりました。 自炊とは、市販されている電子書籍を購入するのではなく、 自分で本を解体してスキャナで読み込み、デジタルデータに変換すること。 最近は本を裁断するためのがっしりした裁断機や、 すごいスピードでページを読み取ってくれるドキュメントスキャナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(かつての)少年たちの夢の本♪

朝。ドアチャイムが鳴って、荷物が届きました。 何だろうと見てみると、「復刊ドットコム」と書かれた箱…これは! この間、発売を知るやいなや光の速さで注文ボタンをクリックしてしまった 『円谷プロ全怪獣図鑑』ですねっ!!(≧▽≦) 『ウルトラQ』から『ネオウルトラQ』まで、50年間にわたって生み出された 円谷プロ作品の怪獣2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「書き出し買い」の楽しみ

用事で神戸に立ち寄ったついでに、紀伊國屋書店で開催されている 「ほんのまくら」フェアをのぞきに行ってみました。 「ほんのまくら」とは「本の書き出し」を表す造語。 いろんな本の「まくら」、すなわち冒頭の一節だけが大書されたカバーで 本そのものを完全にラッピングし、著者もタイトルもわからない状態で お客さんに直感で本を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チープだけど面白い!トイデジ

先日ふと手に取った、月子さん作のコミックス『彼女とカメラと彼女の季節』。 ヒロインと、ミステリアスな友人と、ヒロインに想いを寄せる男子の、 奇妙で切ない三角関係を描いた作品なのですが、 そのストーリー展開の中心にあるのが、タイトルにもある「カメラ」。 それも、今となっては珍しい二眼レフのカメラです。 作中で扱われて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また見つからないコミック版

『第四章』の劇場公開と時を同じくして、 コミカライズ版の『宇宙戦艦ヤマト2199』の新刊が今日発売! 劇場へはまだいつ見に行けるかわかんないけど、本は発売日にGETしたい! というわけで、今日お仕事の合間に書店へ飛んでいきました。 …が! 1件めの書店で見つからず、2件目でも影もカタチも…。 その出版社のコミックス棚のみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中一日の通常運行(笑)

『別冊マンガタリvol.1~オトナの。~』から一夜明け…。 今日はお仕事だけの通常運行でした。 マンガ本も機材も入ってないバッグを背負い、自転車でお出かけ。 何だかすごくバッグが軽く、切って走る風が冷たく感じました。 午前中に一件、午後に一件、 定期的にやらせていただいているCMのナレーション録り。 どちらも今日が年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビミョーなお年頃(笑)

何となく書店をぶらついていて手に取った 日暮キノコさんのコミックス『食う寝るふたり 住むふたり』。 交際10年同棲8年、恋人以上夫婦未満の毎日を送るふたりの ちょっとした日常を、男女両方の視点から描いたザッピングストーリー。 日常生活が舞台で、登場人物が限られていて、 会話がしっかりしていていいムード…何てマンガタリ向きな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復活の『究極超人あ~る』

先日、ネットに流れていたニュースでこんな記事を見かけました。 『究極超人あ~る』25年ぶりにビッグコミックスピリッツで復活!! …なんですと!?(@@) ゆうきまさみさんの『究極超人あ~る』は、 1985年から87年まで『週刊少年サンデー』に連載されていた作品。 春風高校に転校してきたナゾのアンドロイドR・田中一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

30年を経て『タッチ』

あだち充さんの『タッチ』にはまっています。今さらながら。 実は初読です。今さらながら。 「双子と幼なじみの女の子の話」「野球の話」「途中で片方が死ぬ」 「ラストは『愛しています』」くらいの知識で後は全然。アニメも未見でしたが、 先日の『マンガタリLIVE第3号~スポ魂~』で取り上げた作品の中に、 作中で『タッチ』に触れてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒くて痛くて、でも惹かれる

世間一般的にお休み。 午前中にお墓まいりに行き、午後からはのほほんと過ごしましたw。 明日から月末にかけては、お仕事だ稽古だ観劇だ授業だ阪神-中日戦だと 何かと落ち着かなくなりそうなので、今日はまとめてのんびりです。 …今挙げた予定、半分以上遊びじゃ…。まあ気にしたら負けや(`・ω・´)。 稽古以外のマンガタリの準備が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢のトーナメント開幕♪

ふらりと書店に立ち寄ったら、 コミックスの棚に見慣れない『ドカベン』が3冊も!(@@; そうか、いよいよ『ドリームトーナメント編』の刊行が始まったのですね。 コミックス派の僕も、遅ればせながら観戦開始ですw。 同時発売された3冊のうち、2冊は『ドリームトーナメント編』本編ですが、 1冊は「山田太郎に挑む名選手 傑作選」と題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほんとに「そんなはずない」?

「思うにまかせない」ということはままあります。 何で自分じゃないんだろう? 何であの人がいいんだろう? 何で自分はここから前に進んでないんだろう? 自分には何が足りないんだろう? 確かに、「何かが足りない」ということもあるとは思います。 でも、冷静に考えてみると、 世の中がそんなに自分のせい・自分中心で動いたり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日常に「浮かぶ」解放感

久々に写真集を衝動買いしてしまいました。 アイドルとかぬーどとか動物とか星空とかではありません(笑)。 林ナツミさんの『本日の浮遊』。 「よわよわカメラウーマン」と自称する林さんがブログで公開している、 一連のセルフポートレートをまとめた一冊です。 映っているのは、日常のあちこちでふわりと宙に浮かぶ林さんの姿。 もちろん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうしたマンガ版『ヤマト2199』

むらかわみちおさん作画のコミック版『宇宙戦艦ヤマト2199』。 ヤマトは「まずアニメありき」という感覚なので、 コミック版には松本零士さん時代からそこまで思い入れはないんですけど、 個人的に今絶賛盛り上がり中ですし、また最近の方の作画では どうなるんだろうという興味もあって、発売日を心待ちにしていました。 そして、いよいよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こっそり減量中(笑)

遅寝早起きだったのでどうかと思いましたが、今朝は割とましな目覚め。 やはりお天気の善し悪しって一日のスタートに大きく影響しますね~。 今日は朝から学校の授業。2時間半×2コマをしっかりこなしてきました。 実はこのところ、地味~に減量に励んでおります(笑)。 今の家に引っ越して、生活環境(特に食事)が変わってから、 いつの間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「SF(スコシ・フシギ)」の威力(@@)

先日、全200冊の刊行予定が終了した「手塚治虫文庫全集」と並んで、 もうひとつ購読している「藤子・F・不二雄大全集」も、 現在刊行中の第3期で全100冊を数えます(こちらはまだ続きがあるかも…)。 「手塚治虫文庫全集」もヌリカベホンポの本箱がいっぱいになりましたが、 「藤子・F・不二雄大全集」の方は文庫ではなくB5版と大きい上に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また面白そうな作品がw

『マンガタリLIVE第2号』、絶賛準備中です。進んでるつもりです(^^;。 イベントを続けていく上で不可欠なのが、上演するための作品。 僕もそれなりに知ってはいますが、そう幅広くはない(と思う)ので、 出てくれそうな方を探すとともに、作品についてもアンテナを張って いろいろ情報を集めようと努めています。 そんな僕の情報…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出なかった最終巻

本日の明確な予定、『走改☆車楽!』の収録。以上! お仕事に行って帰っておしまいというシンプルな一日でした(^^;。 何せねぇ…どこ行っても人多いですし、見てるだけで疲れるので、 こういうときはヒット&アウェイかなと(笑)。 昨日、『恐怖新聞』のことを書いていてふと気になったのが、 『恐怖新聞』のスピンオフ作品である『キガタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

39年前の『Xファイル』?

先日、つい酔った勢いで注文した恐怖コミックが届いてしまい(当たり前だ)、 恐らくマンガタリで演ることは間違いなくないだろうとは思いながらも、 買っちゃったものはまず読まなきゃと、がんばって読んでいます。 つのだじろうさんの『恐怖新聞』です(@@;。 その昔、小学生の頃。 物語冒頭、主人公の通う学校の先生が交通事故で亡く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more