地方声優の日常☆ボイスタレント・菱田盛之の雑記帳☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 『繁昌亭DEハナシをノベル!!』

<<   作成日時 : 2015/12/22 23:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日のマンガタリ顔合わせを受けて、必要なテキストを発注しました。
今回は古書店めぐりをやってられる時期でもないので、全部ネットで注文。
またわが家に大量のメール便がわらわら届きそうです(^^;。

今日はお仕事のあと、何年ぶりかで天満天神繁昌亭へ。
『繁昌亭DEハナシをノベル!!』に行ってきました。
繁昌亭も久しぶりなら、『ハナノベ』も久しぶり。
作家の皆さんにお目にかかるのも、落語を聴くのも楽しみで、
わくわくしながら行きましたが、今回もバラエティ豊かで楽しかったなぁw。

田中啓文さん作の『あるいはマンボウでいっぱいの海』は
読んだことも聴いたこともある作品ですが、今回は月亭文都さんの演。
何度聴いても面白く、演じ手によっての変化も楽しいです。

飯野文彦さん作の『まち娘』はしんみり哀しいお話。
どこかで聞いたような…と思っていたら、リーフレットの作家さんコメントに
「手塚先生の短編漫画を参考に…」とあったので、「ああなるほど!」と。
たぶんマンガタリでも紹介した「あの名作」ですね!?(笑)

北野勇作さん作『ランババ』は、ステージタイガーさんの
『協走組曲』を初めて観たとき並みのインパクトを受けた作品でした。
…落語なのに!?(笑)

現代落語以外は、月亭天使さん『厩火事』と、桂雀三郎さん『かぜうどん』。
桂雀三郎さんは、物売り口上のオンパレードと食べる所作・音がすごくて、
噺はもちろん、その声や音づかいにぐぐっと引きこまれました。
そうそう、「ヨーデル食べ放題」CD買ったなぁ〜!

「雀三郎師匠の『風邪うどん』の後は近所のうどん屋が満員になる」という
都市伝説があるそうですが、それにまんまとはまって、
終演後にふらふらと立ち食いうどん店ののれんをくぐってしまいました(^^;。
ほんとは夜は食べないつもりで遅めしっかりめに昼食べたのに、
そしてそこまで空腹でもなかったのにふらっと…何ということだ!
あの音や食感を自分も味わいたくなったんでしょうね〜。やはりすごいです。

面白くて勉強になるひとときでした。
繁昌亭での公演は年に一度ですが、通常公演は時々あるので、
来年も、タイミングが合う時はまたのぞきに行こうと思いました(^^)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
Instagram
『繁昌亭DEハナシをノベル!!』 地方声優の日常☆ボイスタレント・菱田盛之の雑記帳☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる