地方声優の日常☆ボイスタレント・菱田盛之の雑記帳☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 携帯電話、音と光の責任

<<   作成日時 : 2016/02/25 23:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ツイッターをながめていて、ある役者さんのツイートに目が止まりました。

その方がスタッフとして関わっておられた舞台で、
本番中に客席で携帯電話が鳴るということが何度もあったんだそうです。
それも、一度のことではなく、公演期間中に何度かあったのだとか。
その公演は2時間以上に及ぶ一人芝居だったということもあり、
無関係な音や光によって、役者さんの集中が途切れたり作品世界が壊れたり、
他のお客さんのご迷惑になることを強く懸念し、残念がっておられました。

僕も常々イヤだなぁと思ってることですが、
劇場や映画館などをはじめ、「携帯電話の電源をお切り下さい」と
協力を求められているようなところでも、OFFにしない人増えましたよね。
上映中・上演中にバイブ音がしたり、あらぬところに光が見えたりして
観ている側としても集中を妨げられたり、気分を害することがあります。
先のツイートでは、着信音が鳴ったこともあったそうです。とんでもないですね。

携帯電話の光と音と振動は、持ってる人以外には全く関係のないもの。
その人にとっては重要なことかもしれませんが、他人にとってはただの迷惑です。
劇場とか映画館とか、時間にお金払ってその場にいることができるのなら、
その間は外との連絡を遮断して、その時間に没頭すればいいのにと思います。
それができないのなら、劇場ではなく自由の利く環境で観てもらいたい。
同じお金を払って時間買ってる人、その場を作る人に敬意を払ってほしいです。

携帯電話を鳴らす・光らせることに無頓着な人だけではなく、
「音切ってると気づかないから」などの理由を挙げる方もいますけれど、
それは自分が工夫すればいいことで、公の場のマナーを犯す理由にはなりません。
自分の携帯電話に自分が気づけるよう注意を払うことと、
周囲の人に気を配ることは、持つ人の責任だと思います。

先の役者さんのツイートがえらい勢いで拡散されているのを見て、
そんな風に感じてらっしゃる方が多いんだなぁと実感しました(´・ω・`)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
Instagram
携帯電話、音と光の責任 地方声優の日常☆ボイスタレント・菱田盛之の雑記帳☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる